9/5 第122回簾舞小学校運動会 好天の下、開催!

9月5日(土)、台風10号の影響による雨予報のため順延が予想されていたのですが、当日は予報に反して、雨もなく、逆に日差しが強い30度を超えるような暑さの中、今年122回目となる簾舞小学校の運動会が開かれました。
コロナ禍で様々な学校行事が中止となっていますが、今回、少しでも子どもたちに楽しい思い出に残る体験をしてもらいたいとのことで、「三密」を防ぎ感染防止対策の徹底を図る中で運動会を開催したそうです。
朝8:50からの開会式頃は曇り空であったのですが、競技が進むほど、子どもたちの熱い応援もあってか、空は晴れわたり気温もぐんぐん上昇していきました。途中、何度も水分補給のアナウンスもあり、また2カ所に設置されたミストシャワーも大好評でした。
競技は、2年生の50mかけっこに始まり、5年生100m走、1年生45mかけっこ、3・4年生80m走、そして6年生の100m走。どの子もみんな、精一杯の力でグランドを走り抜けました。徒競走の後は団体競技で、1・2年生、5・6年生は玉入れ競技、3・4年生は綱引き。その後、簾舞通行屋保存会の方々を中心に全児童と校長先生をはじめとする教職員、そして保護者、地域の方々によって「みすまい音頭」が踊られ、運動会での踊りが復活しました。
その後は、3・4年生によるダンスや5・6年生のダブルダッチを取り入れたダンスが披露され、さらに3・4年生の「コロナを吹き飛ばせ!台風の目」、5・6年生の「ほうきで5656」といった団体競技で場内を沸かせ、そして最後に、全校紅白リレーで場内が大いに盛り上がりました。 運動会の結果は、赤232点-白263点で、今年は白組の勝利となりました。

   踊る校長先生
タイトルとURLをコピーしました